「隣のネガ」 シリーズを始めました。

最近ネタ不足?のため、以前の古いネガを見ていますと、本ページにアップした画像の前後のネガが今ごろ見ると意外と面白いのもいくつかありまして、そういう連続撮影のコマを探してアップして行こうと思います。

まず手始めに、駅の風景(1)に掲載しているこの写真。昭和46(1971)年8月の標津線奥行臼でC11牽引の貨物列車が出発するシーン。

IMG_0065.jpg



直後のネガがこれです。
IMG_0071.jpg
HPでは一人で居た駅長さんがお茶を出してくれたとありますが、お茶を出してくれた駅長さんが写っております。



さらに列車が行ってからの一枚
IMG_0068.jpg
標津線は広大な根釧原野を走るローカル線でしたが、意外と線路の起伏があった事が分かります。

この奥行臼駅は、引き込み線がある割には信号が無く、通標交換もしない一閉塞区間中の途中駅であったのです。
引き込み線は駅前で接続していた別海町営軌道からの牛乳を積むレムを留置するためのものだったのですね。
しかし、町営軌道の奥行臼駅からは数十メートルは離れており、タンクに入った牛乳をどのようにして国鉄のレムに
積み替えたのでしょうね。


ちなみに奥行臼の駅前の画像。これは別海町営軌道のページに掲載しています。右側の建物が町営軌道の奥行臼駅の駅家で、標津線奥行臼駅とは完全に分離しています。
091003-2IMG_00012.jpg


ここの今の姿をご存知の方がありましたら、是非教えていただきたいです。









スポンサーサイト

久々の近鉄信貴線


近場ですが、久々に近鉄信貴線の服部川から信貴山口まで歩きました。

170602 (334)
信貴山口への勾配の途中にある服部川駅。





170602 (336)
信貴山口へ登って行く40/1000の坂。





170602 (340)
相変わらず箱庭のようなスケールの小さい沿線風景です。





170602 (341)
結局足が向くのは同じ場所ばかりになって来ます。







170602 (349)
跨線橋の金網の隙間から。






170602 (352)
もう少し視界が広ければいいのですが。






170602 (360)
信貴山口駅。朝夕の通勤通学以外はケーブルへ乗り換える人がほとんどです。









帰りの通学列車 東小浜到着

夕暮れの小浜線の敦賀行き。小浜から小学生たちがドッと乗って来て賑やかなこと。
しかしその賑やかさも二駅三駅行くとまたガラガラの夜汽車に。ひと駅ごとに「バイバイ~」
こんな列車通学ができる子が羨ましかったです。

聴いてみる


画像はちょうどその列車。子供たちが乗り込んでくる前のガラガラの車内。
091214-10IMG.jpg





紀勢本線亀山行 ナハ10 阿曽駅 到着・発車

ガラガラの亀山行のナハ10の車内。ガラガラなのによく通る声でしゃべっていたおばあさんが阿曽駅でやっと降りました。^^
停車中の客車独特の静寂。DD51のホイッスル。ゆっくり動き出すナハ10の振動。
ぜひヘッドフォンでどうぞ!

聴いてみる

画像は新宮駅のナハ10系客車です。
090925-5IMG.jpg











今はハイキングコースになっている、旧福知山線 生瀬~武田尾間の走行音

最近、廃線跡ウオーキングで注目されている旧福知山線生瀬~武田尾間。
急坂もなく一本道だから迷う心配もないので人気だそうですね。
ただしトンネルの中は照明がないので懐中電灯は必須とのこと。
1975年12月。ここを走る鳥取行き725列車の走行音です。(3分29秒あります。)


聴いてみる


CIMG7681.jpg